「ウリボー隊募集!干支作りにトライ!」を開催

「アドイシグロの干支オブジェを参加者と一緒に作りたい!!」
「ものづくりの楽しさを伝えたい!!」

そんな思いから、12月1日(土)に「ウリボー隊募集!干支作りにトライ!」を開催しました!

これは、アドイシグロ(光ハイツの管理会社)の道路脇に1年間飾られる大きなオブジェ作成のワークショップです。
当日は、新潟から来てくれた親子連れや、美術を学ぶ学生などが「ウリボー隊」となって、干支作りに参加。
親猪の横に飾られる、1匹 1メートル程のウリボー4体が完成しました!!

アドイシグロのオブジェは14年目!!

14年前から始まったアドイシグロのオブジェ作成は、14年目となります。結構歴史があります!どどーんと、今までの干支オブジェと一挙公開!!としたいのですが…過去の干支のほとんどは、写真に残っていないそう。なので、近年の干支オブジェを紹介します!

馬の躍動感。
羊のもふもふ感。
鳴き出しそうな鳥。
子供が乗ったさる。
飛び立ちそうなペガサス。

様々なオブジェを作ってきました!

造形〜発泡スチロールを削る!〜

造形には3つの段階があります。

その1、ニクロム線と言われる電熱線を用いて大まかに発砲スチロールをカットしていく。
(これが一番難しいけど楽しい作業です!)

その2、ナイフを用いて、さらに細かな部分をカットしていきます。

最後の完成度を決める重要な作業!

その3、だいたいの形が出来上がったら、ヤスリでなめらかにしていきます。

楽しい楽しい「いのしし肌!?」作り。みんな粉まみれになりながらワシワシと削っていきました。

彩色〜がしがし塗っていこう!〜

ウリボーのボディを茶色く塗っていきます。
最後に柄と尻尾を描いて完成〜!!

テレビ取材も!!

当日は、地元のTV局2社と新聞社2社が取材に来ていました。
周りには4台のカメラが!!

(緊張して塗れないよ〜笑)

街のランドマークを作っていきたい!

「子供が楽しそうで良かったです!!」
新潟から来られた家族連れは「年賀状の写真を撮りたい!」と、何かイベントはないか…と探していたところ、アドイシグロのイベントを見つけたそう。
はしゃぎながら、オブジェを作る姿はこちらも楽しい気持ちになりました!

「初めての発泡スチロール加工。なかなか出来ない体験ができました!」
他の参加者も皆、加工体験は初。
最初は緊張しながら作業していましたが、どんどん慣れた手つきに!

最後は記念撮影!カシャッ!!

「上に飾られるのを楽しみにしています!」
今回作ったウリボー4体と、これから作る親猪は、今月末に飾られる予定です。
お楽しみにー!!

ーー最後に

「街のランドマークを作っていきたい!」

待ち合わせ場所として有名な「ハチ公」。
世界の誰もが知っている「自由の女神」や「マーライオン」。

そんな風に、みんなが愛着を持って見てくれること。
それによって街が生き生きと元気になっていくこと。

アドイシグロのオブジェがそんな存在になったら…。

毎年変わる干支オブジェ。
「毎年楽しみにしています。」
そんな声がどんどん増えていくことを祈って。

(文・六川)

テレビはこんな風に放映されました!

カテゴリー

アーカイブ

光ハイツへの交通アクセス・周辺情報
Top