ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
株式会社アドイシグロ
ここから本文です
実績!これまでの仕事

長野調理製菓専門学校様の看板を施工させていただきました。

長野調理製菓専門学校は、長野市早苗町。アドイシグロからも徒歩数分の所に位置しています。
今回は、袖看板、屋上看板を施工させていただきました。

「おいしい」より大切なもの

1年制の調理師学科と、2年生の調理製菓学科の2つを有する長野調理製菓専門学校。厚生大臣指定養成施設として、長年に渡り多くの調理師を育成してきました。
そんな長野調理製菓専門学校が大切にしていることが「安全なもの」です。

「ヒゲを生やし、ピアスをして、髪もボサボサ。そんなお寿司屋さんがいたら嫌じゃないですか。それは極端な例にしても、衛生面・安全面は一番大切なことです。それは“おいしい”よりも大切なことと言えます。」
食の安全性への意識の重要性を校長先生の石坂さんは語ります。

その他にも、人の手助けをする「奉仕の心」や「協調性」、「おもてなしの心」など、学校として大切にしていることを教えていただきました。

看板について

今回は、袖看板と屋上看板の2カ所の施工をさせていただきました。

提案書

屋上看板

新幹線からも見える屋上看板。リニューアル前のグレーの下地から、白いバックにすることで、視認性の高い看板になりました。

袖看板

こちらも、白いバックが引き立つ清潔感ある印象に変わりました。

金の卵を育てる

看板に入っているのは、金の卵をモチーフにしたロゴマーク。
高校を卒業して入ってくる、学生達をイメージしているそうです。

「物を作るのが大好き!」
「食べるのが大好き!」
「“おいしい”って言ってもらえるのが大好き!」
そんな思いを持った多くの学生が毎年入学してくるそうです。

実習室では、インタビューにお伺いした日もコック帽を被った学生たちが、彩り豊かな料理を作っていました!

※ロゴマークはアドイシグロでデザインしたものではありません。

長野という地で

豊かな自然を有する長野。
山菜やキノコ、四季折々のおいしい食材がある長野。

地域に根付いた調理製菓専門学校を卒業した学生が、様々な場所で長野の豊富な素材と食文化を広げていってくれたらいいな…そんなことを感じました。

最後に〜命をつなぐ〜

今回、校長先生にお話をお伺いして、一番心に残っている言葉があります。

「料理は命をつなぐ仕事。食べ物に対する敬意をもって、自然の恵みをありがたくいただくこと。」

食べることは、生きること。
=生きるを作る仕事。

それってすごくすごく素敵な仕事だなと感じました。

食への愛情、自然への感謝。
それを改めて考えるきっかけになりました。

今回はありがとうございました。
長野調理製菓専門学校様のさらなるご発展をお祈りしております。

(文・六川)

長野調理製菓専門学校様のwebサイトはこちら
https://www.isizaka-gakuen.com/cook/index.php

実績!これまでの仕事
バックナンバー

お問い合わせ